社員教育の方法

社員教育は褒めて伸ばすことを第一に考えましょう

かつては、根性主義と言われ、多少の厳しいことを言われてもへこたれないで頑張る社員が多かったのですが、今は少子化の影響からか、大切に育てられた若者が多くいます。従って素直な反面、ちょっとしたことで傷付きやすく、上司も注意をする時に言葉遣いなどで感情を抑えなければなりません。ですから、若い人材は、これからの会社を担っていく大切な存在です。基本的には、褒めて伸ばすことが大切です。もし仮に注意をしなければ、他の人の視線がない場所で、別室で傷付かないように、注意と言うよりも助言ような形でアドバイスを送った方が無難です。このように若い人を育てることができたとしたら、会社からも人材育成の才能があるとして一目置かれる存在となるでしょう。

社員教育には適度に有効な研修を入れましょう

今の若い人は、とにかく、楽しいことには飛びつきます。従って社員研修も従来の座学中心の講義形式よりもより変化のある研修の方が興味を持ちます。例えば、接客の仕方を学ぶときには、ただ講義を聴くだけでは、飽きてしまいます。それよりも、ロールプレイの手法を用いて実際にその場でやってもらった方がより効果的です。そして、その社員の特に良かったところを褒めるようにすれば、仕事への意欲は湧いてきます。もちろん、研修ですので、ダメなことはやはり注意することは本人のためにも必要です。ただし、ダメな場合は、何回かやって向上させるようにします。そして、研修の中では必ずどの社員も参加して良かったとという達成感や満足感を持たせ、仕事に役立たせることが大切です。